みりんって1種類じゃない!その分類とは?

日本の伝統的な調味料「みりん」
調味料の「さ・し・す・せ・そ」(砂糖・塩・酢・醤油・味噌)には入っていないものの
上品な甘味を持ち、照りやツヤをつけたり、煮崩れを防いだり、素材への味の染み込みを早くしたりなど、日本料理には欠かせない調味料の1つです。

そんな素敵な役割を持つ「みりん」ですが、一口に「みりん」と言っても
「みりん」と呼ばれるものには3つの種類があります。

 

本みりん・みりん風調味料・発酵調味料

 

この3つです。

1つ1つどんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

本みりん

原材料

もち米・米麹・焼酎

 

製法

もち米・米麹・焼酎を発酵(糖化・熟成)させて作られます。
「本みりん」は焼酎を加えているので、アルコール分が14%ほどあります。
そのため「酒類」に分類されるため、未成年は購入できないのです。
「酒税」もかかるため、みりん風調味料や発酵調味料と比較して値段はやや高めです。

みりん風調味料

原材料

糖類(ブドウ糖・水あめなど)・米・米麹・酸味料・調味料など

 

製法

メーカーによって異なりますが、米・米麹を糖化・アルコール発酵させたものに糖類や調味料などを混ぜ合わせて作られます。

 

「みりん風調味料」は、本みりんに似せて糖類や調味料を加えた甘味料です。
アルコールが1%未満なので「酒類」には入りません。

 

発酵調味料

原材料

米・米麹・糖類・アルコール・食塩など

 

製法

米・米麹を発酵・熟成させ、塩を加えたり、糖類を混ぜ合わせて作られます。

 

こちらは、アルコール分を含むものの食塩を加えているため、お酒としては飲めないため「酒類」には分類されません。その分「本みりん」よりも価格も抑えられています。

 

まとめ

「本みりん」   :伝統的な製法で作られた甘いお酒

「みりん風調味料」:糖類などをブレンドしたアルコール分は低い甘味料

「発酵調味料」  :アルコールは含むものの食塩を添加してお酒としては飲めなくした調味料

 

この3つから選ぶなら「本みりん」が断然おすすめです。
「みりん」を選ぶときには、原材料もしっかりチェックしてみましょう!

関連記事

もうすぐ土用の丑の日!美味しいうなぎのタレもみりんから〜うなぎの豆知識〜